【チェンソーマン】デンジの心臓が狙われる理由を考察

【チェンソーマン】デンジの心臓が狙われる理由を考察

2020年12月に週刊少年ジャンプの連載が終了した漫画「チェンソーマン」。

実際に読んでみると分かりますが、主人公のデンジがある日突然、周囲から心臓を狙われはじめます。

なぜ、デンジは心臓を狙われるようになったのでしょうか?

第1部「公安編」が終了した今も、デンジが心臓を狙われる理由は謎のままとなっています。

作中には明記されていなかったので、もしかしたら第2部に伏線が持ち越されているのかもしれませんが、真相が気になります。

そこで今回は、漫画「チェンソーマン」のデンジが心臓を狙われる理由はなんなのか、現在分かっている情報からまとめて、考察していきたいと思います。

▼チェンソーマンを読むならU-NEXT▼

 >>見放題アニメ配信中!今すぐ600Pゲット<<

もくじ

デンジの心臓が狙われる理由を考察

まず結論からお話しすると、デンジの心臓が狙われる理由は、2つあると考察します。

  1. 人間がマキマの支配から逃れるため
  2. マキマが人間を支配するため

デンジの心臓の正体と、人間とマキマの関係が絡んできますので、詳しくは別の記事をご覧ください。

上記の記事で考察した内容を踏まえ、ここではデンジの心臓が狙われる理由にのみ焦点を当てていきます。

マキマと人間の思惑が交差していると考えているため、デンジの心臓が狙われる経緯の中で、両者の視点を考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

デンジの心臓が狙われる経緯

マキマと人間の間には大きな確執があると考えているため、上層部へ報告する様子は両者の思惑が見え隠れしているように感じます。

日本政府がマキマにスパイ活動をさせていたなら、報告も契約の一部にくわえていたのではないでしょうか。

悪魔との契約なので、嘘偽りない報告をするよう指示していた可能性は高いと推測します。

上層部へ報告するシーンを見てみると、マキマが契約の隙をつこうとしているようにも見えました。

デンジを拾ったマキマは、上層部にこのような内容を報告しています。

  • パワー:期待に応えられそうなのが一匹
  • デンジ:面白いのが一匹

報告を聞いた上層部は、マキマが面白いと話したデンジに興味を示し、机をペンでトンと叩く仕草をしました。

上層部はマキマに情を入れるなと忠告しますが、ここでデンジを警戒対象と認識したのだと推測します。

一方、マキマも人間にデンジの心臓を悟られたと気付いたでしょう。

その後のマキマは唐突に、銃の悪魔を倒して欲しいと、デンジにお願いを託しています。

銃の悪魔は人間が生み出した悪魔であり、最高の軍事力であると考えます。

人間がデンジの心臓を手に入れることができれば、マキマの存在を消すことができるでしょう。

マキマは人間が最高の軍事力を用いて奪いに来ると、容易に想像できたと考えます。

デンジは公安対魔特異4課に所属したばかりで、大した手柄も立てていませんが、マキマは全てのデビルハンターが殺したがっているとっても強い悪魔を、デンジなら殺せると語っていました。

銃の悪魔を殺せたら何でも願い事を1つ叶えてあげると約束までするほど、信頼できる要素がこの時点でデンジにあったとは思えません。

デンジを少しでもコントロールしやすいように、色仕掛けをしたのではないでしょうか。

そしてマキマの読み通り、公安に銃の悪魔の肉片を食べていると考えられる”永遠の悪魔”の駆除要請が入ったのではないかと裏側を推測します。

ここで使用された銃の肉片は、日本が所持している数少ないものだったのかもしれません。

デンジを含む公安対魔特異4課のメンバー6人が出動しましたが、永遠の悪魔はデンジの心臓をよこせば、他のデビルハンターは全員無事に帰すと契約交渉を持ち掛けてきました。

以降、デンジは日本だけでなく海外の刺客からも心臓を狙われることになります。

スポンサーリンク

デンジの心臓を狙う刺客一覧

第1部「公安編」で、デンジの心臓を狙ってきた刺客を紹介しながら、その裏側を順に考察していきたいと思います。

永遠の悪魔

作中で、初めてデンジの心臓を狙ってきた悪魔の刺客です。

日本政府が、用意した初めての刺客でしょう。

森野ホテルに出現し、デンジを含む公安対魔特異4課のメンバー6人を8階に閉じ込めました。

永遠の悪魔は、恐怖で膨らみ、恐怖に捕らえるのを得意とします。

心臓を隠しているので、攻撃されても死ぬことはありませんが、痛みを感じる弱点があります。

デンジは永遠の悪魔の血を飲んで回復しながら戦う永久機関を完成させて、三日三晩戦い続けました。

その結果、永遠の悪魔は自殺したくなるほど痛めつけられて、デンジに殺して欲しいと自ら心臓を捧げて敗北しています。

沢渡アカネ

永遠の悪魔との戦いで、デンジという人間の狂人性を日本政府が理解したのかもしれません。

今度は沢渡アカネを使って、悪魔の心臓を持つ者同士の戦いを画策したと考えます。

最終的にマキマが上層部に報告した内容は、こちらの通りです。

  • 沢渡アカネは元民間のデビルハンター
  • 沢渡アカネが銃の悪魔と契約し、ヤクザに銃を流していた
  • 銃の悪魔との契約対価はチェンソーの悪魔の心臓
  • なぜ沢渡アカネがチェンソーの悪魔の心臓を欲しがったかについては、自殺されたので聞けなかった
  • 沢渡アカネは銃の悪魔との契約で自動的に自殺したのかもしれない
  • 回収した銃の悪魔の肉片が本体に向かって動き出した

この報告内容には、明らかに嘘や疑問に思える点があります。

まずサムライソードは沢渡アカネに色々されて心臓が刀の悪魔になったと明かしていましたが、民間のデビルハンターがなぜそんな能力を持っていたのか疑問です。

漫画「チェンソーマン」4巻33話では、マキマが特異課の襲撃を把握した上で見逃がしていたと岸辺に指摘されています。

沢渡アカネは、日本政府とマキマの間で二重スパイをしていたのではないでしょうか?

サムライソードは漫画「チェンソーマン」10巻87話で明かされた、マキマに従う4人の騎士の内の1人に該当しています。

刀の悪魔をマキマが使役していたとするなら、その心臓をヤクザの組の若に移植した沢渡アカネとの繋がりが推測できます。

しかし沢渡アカネは、マキマを裏切ったのではないかと考えます。

なぜ裏切ったのか作中から推測できませんでしたが、人間を躊躇いなく圧死させるようなマキマを恐れていたのかもしれません。

マキマは自らヤクザの組長の元を訪れて、主犯格の沢渡アカネを割り出していました。

その際ヤクザの組長は、沢渡アカネが銃の悪魔との仲介人となり、2万円を払ったヤクザ連中が契約していた対価に銃と弾をもらっていたと打ち明けています。

実際に沢渡アカネが契約していた悪魔はヘビで、力を得る対価に爪を捧げていました。

マキマは京都にいたため沢渡アカネの契約悪魔を直接見ていませんが、スパイとして駒にしていたならヘビを授けたのはマキマ本人でしょう。

悪魔が現金を要求していた事実からみて、日本政府の思惑を勘付いたはずです。

漫画「チェンソーマン」9巻73話にて、一斉銃撃事件で使用された銃と弾は人間が作ったものだったとマキマが口にしたことから、事件の背景を理解していたと読み取れます。

表向きには国際法に基づいて厳しく銃規制されていますが、実際は国が作ったものを裏で流し、都合が悪くなると銃の悪魔のせいにしていた背景が浮き彫りになりました。

マキマは全てを把握した上で、上層部にそれらしい報告をしたのだと思います。

沢渡アカネは自殺したと語っていましたが、実際には東山コベニが連行しようとした矢先、ヘビに首をはねられて殺害されています。

マキマによる支配の能力で、裏切者を排除したのではないでしょうか。

漫画「チェンソーマン」9巻76話にて首の繋がった沢渡アカネが再登場しているシーンを見ると、明らかにマキマの手に堕ちたと理解できます。

サムライソード(刀の悪魔)

サムライソードの正体は、かつてデンジを借金地獄に追い込んだヤクザの孫で、組の若頭です。

殺された祖父の復讐をするため、沢渡アカネと組んでデンジの命を狙いましたが、日本政府やマキマの関係には全く気付いていなかったのではないでしょうか。

沢渡アカネの手によって、刀の悪魔の心臓を得る代わりに、デンジと同じ体質になりましたが、単なる器として良いように利用されたのだと考えます。

左手の刀を抜くと刀の悪魔に変身するためサムライソードと呼ばれていますが、特徴的な外見からデンジにはモミアゲマンと呼ばれていました。

変身すると軍帽のようなものを被って、頭部や両腕から刀が飛び出します。

デンジと一騎打ちの勝負の末、真っ二つにされて敗北しましたが、左手の刀を抜くと復活するため、チェーンで拘束されます。

警察に連行されるまでの間、姫野を殺した腹いせに早川アキと共に大会を開いて、悲鳴をレクイエムとして捧げました。

レゼ:ボム(爆弾の悪魔)

ボムは銃の悪魔の仲間だと、マキマがビームに吹き込んでいましたが、実際の正体はソ連の刺客で、軍の弾薬庫の秘密の部屋で育った実験体の1人です。

国家に尽くすために作られたで戦士で、ソ連ではモルモットと呼ばれています。

社会背景を考えるとソ連国家保安委員会が関与し、マキマの存在とデンジの心臓を把握した可能性が考えられます。

マキマの能力からみて明らかに人間の手に負える存在ではないので、日本政府にとっては都合の良い展開です。

レゼはデンジの心臓を狙うためにカフェの「二道」でバイトし、恋愛関係を育みました。

首に巻かれたチョーカーにピンがついており、引き抜くことでデンジと同じ体質のボムと呼ばれる爆弾の悪魔に変身します。

台風の悪魔と共に街で大暴れをしながら戦闘を繰り広げ、結果的にデンジの存在を世界的に公表しました。

漫画「チェンソーマン」7巻53話で、マキマも仕事を果たしたと認めていますし、私の手にさえなければいいってことだろうと、語っていたことから、日本政府から世界との戦いへ発展した様子が汲み取れます。

デンジはビームと共に立ち向かった末、海岸に流されてレゼに逃亡を提案しました。

儚い夢を抱いたレゼはデンジと待ち合わせしたカフェへ足を運ぼうとしますが、マキマに見つかって始末されています。

アメリカの三兄弟

アメリカのデビルハンターで、国から200万ドルもらえると依頼され、デンジを殺しに日本へやってきます。

三兄弟とも皮の悪魔と契約しており、京都からデンジの護衛に向かったスバル・黒瀬・天童を殺害しました。

触れた死体の身なりを奪う能力を持っており、外見の完全コピーができます。

三兄弟のうち、長男が黒瀬に変装してデンジに接触しますが、パワーが運転する東山コベニの車に轢かれて、ガードレールに頭をぶつけ、打ち所が悪く死亡しました。

使用者が絶命したため変身が解け、アメリカのデビルハンター三兄弟が日本へ来ていることがバレてしまいます。

一般人に紛れ込んでいた次男のジョーイは、パワーに復讐しようと試みますが、吉田ヒロフミに見つかって殺害されました。

残された三男のアルドは黒瀬に変装して、友野(黒瀬の友人)の自宅を訪れますが、兄の言葉を思い出して使命を全うしようとします。

しかし作戦は失敗し、最後には精神を病んでハロウィンと叫ぶ様子が報道されていました。

ドイツのサンタクロース・師匠・トーリカ・闇の悪魔

余命半年しかなかった師匠の正体は、ドイツのサンタクロースです。

ドイツの工作員がサンタクロースとして接触したおじいさんは、サンタクロースが契約する人形の悪魔により創り出された存在になります。

精巧な人形を作るコツは、人形にする人間に人間しか持たない「敬愛」と「崇拝」・「哀憐」・「罪悪感」を入れること。

トーリカはデンジを殺害することで、精巧な人形に仕上がりました。

ドイツの工作員はデンジの殺害を命じましたが、真の狙いはマキマの殺害です。

終焉の日が来ることを危惧し、下等生物の耳を借りるマキマに悟られないよう、デンジの心臓を狙っていると見せかけて、手紙で指示を出していました。

宗教上で終焉の日はサタンによる支配が終わる時を指しますが、ここでいう終焉の日とは、人類がマキマの支配下に落ちる日を指しているのではないでしょうか。

闇の悪魔は、サンタクロースが地獄の悪魔を召喚したことで登場しました。

サンタクロースはトーリカを地獄へ送り、人形の悪魔を介して、チェンソーの心臓を対価にマキマを殺せる力を求めました。

闇の悪魔は一度も死を経験していない超越者として、魔人達に恐れられている存在です。

強い悪魔には強い契約が必要になるため、神の心臓と考えられるデンジを対価にしたと考えられます。

根源的恐怖の名前を持つ悪魔は、マキマよりも上の存在で神に位しているのでしょう。

闇の悪魔がマキマを地獄へ誘ったのは、傲慢な態度に灸をすえてやろうとしたのかもしれません。

プリンシによって地獄に現れたマキマは、胸を貫かれる前に人形の悪魔を支配して、地獄から帰して欲しいと契約を破棄しています。

とはいえサンタクロースはすでに闇の悪魔の肉片を取り込んでいたため、力だけが残ったのだと推測します

サンタクロースは、任務を遂行するためにマキマを殺そうとしますが、助けを求められたデンジが立ち向かいクァンシと共闘。

最終的に宇宙の魔人であるコスモの力によって、ハロウィンとしか言えずに炎に飲まれて消えてしまいました。

中国のクァンシ・ピンツィ・ロン・コスモ・ツギハギの魔人

中国の元帥様は、一番危険な仕事であるが故にクァンシの要求はできるだけ聞くことを条件として、デンジ殺害の依頼をします。

日本にきたクァンシは、サンタクロースが用意した人形軍団を切り倒した末、岸辺と交渉の座に就きました。

岸辺はマキマを殺す協力を求め、クァンシの逃亡と身の安全を提案し、承諾した暁には全てを教える条件を出します。

しかしクァンシは知る恐ろしさを懸念して、協力を断りました。

魔人達に愛情を寄せていたクァンシは、サンタクロースに殺されたピンツィとロンの復讐にデンジと共闘しています。

クァンシも闇の悪魔によってバラバラにされてしまいましたが、ツギハギの魔人が手助けをして復活。

弓矢の悪魔と思われる心臓を持っており、クァンシもデンジと同じ体質を持つ存在だと分かりました。

デンジがサンタクロースに致命傷を与えると、共闘を終わらせ、瞬時にデンジの首をはねて殺害。

1人で東洋観光をしていたコスモが、サンタクロースに本気のハロウィンをくらわせることで終結しました。

その後クァンシは、マキマの強さを理解していたのか白旗を上げますが、コスモ・ツギハギの魔人とともに首をはねられています。

スポンサーリンク

岸辺はデンジの味方?

各国から狙われるようになった、マキマとデンジの心臓。

しかし岸辺だけは、デンジの味方をしています。

マキマと激闘の末、パワーと契約して復活したデンジは、岸辺の手助けで逃がしてもらいました。

岸辺は対マキマ対策部隊の指揮を執っていたことから、人間サイドの味方に違いないと考えます。

最強のデビルハンターと自称していることから考えて、岸辺の正体は真のエクソシストなのかもしれません。

デンジは心臓を完全に使いこなすことで、マキマとの勝負に決着をつけました。

マキマは単なる支配の悪魔に戻ったので、もうデンジの心臓を狙うことはないでしょう。

人間にとってデンジの存在は、まさに救世主です。

マキマの支配から逃れるために心臓が狙われていたとすれば、デンジは人間の策略からも逃れられたことになります。

作中には明記されていなかったので、もしかしたら第2部に伏線が持ち越されているのかもしれません。

ですが、これまで考察してきた内容から導き出すと、人間社会はマキマから救われたことになるので、第2部でデンジの心臓が狙われることはないと予想します。

岸辺はこれから忙しくなると語っていたので、何らかの役割があるのでしょう。

第2部でもデンジの味方として、登場して欲しいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、漫画「チェンソーマン」のデンジが心臓を狙われる理由はなんなのか、現在分かっている情報からまとめて、考察してみました。

デンジの心臓が狙われる理由は、2つあると考察しています。

  1. 人間がマキマの支配から逃れるため
  2. マキマが人間を支配するため

人間とマキマの確執が大きく関係していると思われるので、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

第1部「公安編」では、様々な刺客から心臓を狙われていたデンジ。

作中には明記されていなかったので、デンジがなぜ心臓を狙われていたのか公式解釈は分かりません。

もしかしたら第2部へ伏線が持ち越されるのかもしれませんが、これまで考察してきた内容を踏まえると、人間社会は救われ、マキマは単なる支配の悪魔に戻っていたので、もうデンジが心臓を狙われることはないと予想します。

第1部「公安編」ではデンジの心臓を巡る戦闘が繰り広げられましたが、第2部「学校編」ではどのような展開をしていくのか楽しみですね。

漫画「チェンソーマン」を無料で読む方法

漫画「チェンソーマン」全11巻を無料で読みたい人へ。

なんと今なら期間限定!漫画「チェンソーマン」が全巻無料で読めちゃいます!

超~お得なこの機会を逃さず、是非ご利用ください!

約ネバを無料で読む方法
  1. クランクインビデオ1~6巻を読む
  2. コミック.jp7~8巻を読む(2021年6月1日18時まで)
  3. U-NEXT9巻を読む
  4. FOD PREMIUM10~11巻を読む。ポイントが貯まるまでアニメ見放題!

※2021年3月11日最新情報

もちろん退会した後でも、ポイント購入した漫画は無料で読めるのですが、サイトのハシゴは正直めんどう!

そんなときは、DMM.com初回登録クーポンを使って全巻お得に買い物しちゃいましょう!

最大100冊まで半額購入できるため、普通に購入するより断然かしこい買い物ができます!

ぜひ、こちらからクーポンをGETしてください(^▽^)/

▼DMMなら約ネバが安い▼

呪術廻戦の漫画全巻無料で読める方法やアプリはある?zipやrarとrawは違法?
そのほか半額クーポン付きサイト一覧
  • まんが王国:初回1冊50%OFFクーポン。毎日50%ポイント還元あり。
  • ebookjapan:初回1冊50%OFFクーポン(6回まで利用OK)
  • BookLive:初回1冊50%OFFクーポン。毎日クーポンガチャ開催。

詳しい情報はコチラをCHECK!

※本ページの情報は2021年3月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

乙女ゲームプレイ数100本以上、音源所持数は万を超えていそう…(多すぎて数えられない)な夢女!特にダークファンタジージャンルが大好きで、BADエンド大好物です(^▽^)/

もくじ
閉じる