呪術廻戦103話ネタバレ最新確定!ミニメカ丸再登場!脹相に苦戦する虎杖

スポンサーリンク

2020年4月13日(月)に発売予定の週刊少年ジャンプ「呪術廻戦」103話ネタバレ最新確定情報を入手しました!

前回は脹相との戦いで虎杖が、弟たちの最期を”泣いていた”とだけ伝えましたね!

謝ると思っていたので予想は外れてしまいましたが、脹相の怒りが期待通りにヒートアップしてくれたので、願っていた展開が見れて嬉しかったです!

これまで能力を見せてこなかった憂憂も、ようやく動いてくれたので個人的には大盛り上がりでした!

さすが冥冥が連れているだけあって、簡易領域をキメて大活躍でしたね!

難航すると考えていた疱瘡神を冥冥が瞬殺した姿は、超~かっこよかったです!

とはいえ冥冥は連戦しているので、死亡フラグがあるように思えてなりません!

呪術廻戦103話では、ついに偽夏油戦が幕開けするように思えますが、いったいどうなるのでしょうか?

気になる呪術廻戦103話のネタバレ最新確定情報を紹介していきたいと思います!

※更新中です。

>>無料で呪術廻戦を読む方法はこちら<<

 

スポンサーリンク

呪術廻戦103話ネタバレ最新話確定!

漫画「呪術廻戦」103話のネタバレ最新確定情報を入手しました!

扉絵は、九相図三兄弟が団子になっているイラストです!

さっそく、どんな内容だったのかお届けしていきます!

※更新中です。

 

虎杖が脹相の攻撃を誘う

脹相から次々と放たれる血のビーム(穿血)が速すぎて、虎杖は脹相との距離をなかなか縮めることができません。

かわせる確率は半々で、感が外れて頭にでも当たれば即死です。

なんとか攻撃のタイミングをはかるため、虎杖は両足を地面から浮かし、攻撃を誘い込みます。

脹相は虎杖の誘いに気付きながらも、あえて乗ることにしました。

虎杖の両足が地面へ着地するタイミングで、穿血を放ちます。

ブリッジするように身体を後ろにそらして攻撃をかわした虎杖は、すぐに体勢を整えて脹相に向かって一気に駆け出します。

虎杖が素早く攻撃をかわしたことに感心した脹相は、刀のように血液を操って攻撃を仕掛けました。

しかし、これも虎杖に避けられてしまいます。

虎杖は脹相の攻撃が速いのは最初だけだと見破り、殴り合いへ持ち込もうとしました。

 

虎杖が脹相へ一撃くらわす!

その瞬間、赤血操術せっけつそうじゅつ「超新星」を放つ脹相。

超新星は、「百斂びゃくれん」で圧縮した血液を、散弾のように全方位へ撃ち抜く技です。

「超新星」を全身でモロに受けた虎杖は、畳みかけるようにして、足も刺されてしまいました。

しかし、虎杖は刺された足をそのまま持ち上げて、脹相にカウンター攻撃をくらわします!

すぐさま受け身をとった脹相でしたが、虎杖は地に手をついて、反対側の足で脹相に蹴りを一撃くらわしました!

 

脹相のフェイント攻撃!

とにかく虎杖は、脹相が血のビーム(穿血)に使う弾(百斂)を作らせないようにしようと考えます。

すると、弾なしでビームを放つ構えをとる脹相。

弾なしでも攻撃できるのか、もしくは弾の残りでも持っていたのかと焦る虎杖でしたが、なんとその構えは脹相のフェイントだったのです!

虎杖が焦った隙をついて打撃をくらわすと、そのまま脹相は連続攻撃を仕掛けます。

顎を打って膝に蹴りを入れ、虎杖がバランスを崩したところで顔面に掌底打ちをくらわせて、壁にめり込ませます。

すぐさま体勢を整えた虎杖でしたが、目の前で「穿血」を放たれてしまい、まともに受けてしまいました。

 

ミニメカ丸の再登場!

攻撃を受けた勢いで後ろへ引きづり下がる虎杖でしたが、急いで放出された穿血だったので圧縮が足りず、運よくダメージが少なく済みました。

脹相が、本当に強いと感じた虎杖。

悔しそうな表情を見せたところで、声が聞こえてきます。

なんと虎杖が窮地に立たされているところで、ミニメカ丸が現状を尋ねてきたのです!

ミニメカ丸はもう動かなくなってしまったと思っていただけに、再登場は予想外でした!

もしかすると、このピンチな状況を乗り越えれられる、有効なアドバイスがもらえるかもしれませんね!

漫画「呪術廻戦」103話は、ミニメカ丸が再登場したところで幕を閉じました!

 

スポンサーリンク

呪術廻戦103話ネタバレ最新話考察予想

ついに、冥冥VS偽夏油の火ぶたが切られましたね!

過激さを増す脹相VS虎杖の展開も、見逃せません!

これまでの展開から考えて、七海が応援に駆けつけてきてくれると予想できますが、果たしてどちらに加勢するのでしょうか?

次で、じっくり考察していきましょう(^▽^)/

>>前回102話のネタバレはこちら

 

冥冥と憂憂に死亡フラグ?

たびたび考察してきた冥々の死亡フラグですが、ここにきて憂憂にも死亡フラグが立ちました!

というのも、冥冥が”私のために死んでくれるかい?”と、ダイレクトに憂憂へ伝えていますよね!

憂憂の呪力を解放するための条件であったと明かされていますが、この先の展開を暗示する意味もあるのではないでしょうか?

これまで連戦している冥冥は、余裕の表情を崩していませんが、憂憂を参戦させるほど体力が削られています。

このまま偽夏油との戦いに入っていくのは、厳しい状況と思えてなりません。

 

冥冥は領域展開できない?

冥冥は、領域対策で憂憂を連れていると明らかにしました!

ということは冥冥が、領域展開できないの可能性もグッと高まったように思えます!

とはいえ冥冥は若い頃に術式と向き合って、一級で花開いたと語っていましたよね!

花開くというのは領域展開できたことを意味していると、個人的には考えているので、まだまだ冥冥は奥の手を残していると考えます!

 

偽夏油の正体は加茂憲倫?

偽夏油は、”やるじゃないか 最近の術師にしては”と、言葉を漏らしていました!

ここで注目したいのは、”最近の”と口走っている点です!

口ぶりからして偽夏油の正体は、昔の人なのかもしれません!

もしかすると、両面宿儺が全盛期だった時代の人間ではないでしょうか?

今の術師を知っている様子が読み取れるので、すでに作中で登場している可能性もあります!

考えられる怪しいキャラクターは、加茂憲倫かものりとしです!

明治の初めに史上最悪の術師として名を残しており、知的好奇心がとても高いと、呪術廻戦60話(コミック7巻)で描かれています。

これから徐々に正体が明かされていくと思うので、とても楽しみですね!

 

脹相の背後に描かれたのは術式?

虎杖への怒りがヒートアップした脹相の背中には、なにやら禍々しいものが描かれていましたね!

脹相たち受胎九相図は、元は特級に分類されるほどの呪物です!

領域展開するのか、気になりますよね!

脹相の背後に描かれたものは、領域展開をうっすら表現しているのでしょうか?

目や口があるようにも見えるので、術式ではないようにも思えますね…(;^_^A

脹相の術式は、血を操るものだと分かっています。

鼻の上に描かれていた模様が怒りによって変化してから現れたので、血液なのかもしれません。

 

七海は虎杖と冥冥どちらかに合流する?

釘崎が戦っていた呪詛師を倒した七海は、地下5階へ向かうと描かれていました!

となると、虎杖か冥々のどちらかに合流するのではないかと考えられます!

冥冥には憂憂がついていますし、七海の実力からすると合流しても足手まといになる可能性が高いかもしれません(;^_^A

一方の虎杖は、特級並みの九相図(しかも本気モード)を相手にして、荷が重い状態です。

宿儺の力があるとはいっても、今は虎杖が頼んでも断れる関係に変化していますよね。

七海が助太刀に入って、状況を改善してくれないと危険なのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

呪術廻戦103話ネタバレ最新!各キャラクター場所や位置

呪術廻戦101話ネタバレ最新確定!冥々が偽夏油と遭遇!虎杖と脹相の一騎打ちで因縁対決の開幕

103話で判明している各キャラクターの居場所を、分かりやすく図でまとめてみました!

文字が見えにくい人は、こちらを参考にしてください。

  • 【NEW】松濤文化村ストリート:釘崎と新田は救助を待ち、七海は東京メトロ渋谷駅へ向かう
  • 【NEW】東京メトロ渋谷駅:虎杖VS脹相
  • 国道3号線上:伏黒が瀕死の猪野を連れて帳の外を目指す
  • 渋谷Sタワー:禪院甚爾は単独行動中
  • 渋谷マークシティ:禪院直毘人と禪院真希
  • 渋谷駅(新南口):日下部篤也とパンダ
  • 【NEW】明治通り渋谷区渋谷1丁目:伊地知は生存
  • 【NEW】東京メトロ明治神宮前~渋谷間:冥冥と憂憂VS疱瘡神(偽夏油は立ち去る)
  • 居場所不明:真人、漏瑚

今後も、ストーリーが進展するにつれて地図を更新していきます(^▽^)/

 

スポンサーリンク

呪術廻戦103話ネタバレ最新話に寄せる読者の声を紹介!

ここからは、呪術廻戦103話ネタバレ最新話に対する読者の声を紹介していきたいと思います!

冥々の死亡フラグや、偽夏油の正体を考察している人が多くみられました!

読者の皆さんも私と同じように予想していて、嬉しかったです!

虎杖はこれから過酷な戦いへ足を突っ込むことになりそうですが、宿儺や七海が助っ人に入ってきてくれることを願います!

 

スポンサーリンク

呪術廻戦103話ネタバレ最新確定まとめ

今回は、呪術廻戦103話のネタバレ最新確定情報を、考察予想とともに紹介しました!

死亡フラグが立っている冥冥と憂憂ですが、偽夏油と対峙して生き残ることができるのか注目です!

偽夏油の正体は、加茂憲倫ではないかと予想しましたが、いつか明かされると期待しています!

脹相の怒りがヒートアップしたことで、虎杖は窮地に立たされているように見えますが、七海や宿儺の助太刀で何とか打破してもらいたいですよね!

領域展開されてしまったら、宿儺以外に太刀打ちできない気がします(;^ω^)

これからどう物語が進行していくのか、目が離せませんね!

以上、漫画「呪術廻戦」103話ネタバレ最新確定内容を考察予想と共にお届けしました!

 

▼無料で今すぐ最新刊を読む▼

>>U-NEXTで呪術廻戦が無料<<

 

いまU-NEXTでは、31日間無料登録キャンペーンを開催中!

登録後にもらえる600Pを使えば、なんと漫画「呪術廻戦」が1冊無料で読めちゃいます!

しかもアニメ見放題作品も楽しめるので、「鬼滅の刃」や「約束のネバーランド」など、人気ジャンプ作品を無料で見るチャンス!

最高のオタ活ができる絶好の機会を、ここで逃すのは超~もったいないですよ!

ぜひ、こちからから無料で利用してみてください( *´艸`)♪

いつでも解約OK!無料期間内ならタダ!

 

※本ページの情報は2020年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

 

スポンサーリンク