呪術廻戦105話ネタバレ最新確定!張相の存在しない記憶!虎杖は恐怖を呪力へ

スポンサーリンク

2020年5月11日(月)に発売予定の週刊少年ジャンプ「呪術廻戦」105話ネタバレ最新確定情報を考察予想と共にお届します!

前回はミニメカ丸のアシストによって、脹相と水浸しの中で戦う映画のワンシーンのようなカッコイイ戦いが繰り広げられましたね!

ミニメカ丸は脹相に破壊されてしまいましたが、もう完全に動かないのでしょうか?

策にハメて脹相の赤血操術を封じれたかと思いましたが、虎杖は肝臓を貫かれて致命的なダメージを負っています!

いよいよ宿儺が登場してくるのか、見ものですね!

そんな呪術廻戦105話ネタバレ最新確定情報を早速、考察予想と共にお届けしていきたいと思います!

>>無料で呪術廻戦を読む方法<<

スポンサーリンク

呪術廻戦105話ネタバレ最新話確定内容を紹介!

漫画「呪術廻戦」105話のネタバレ最新確定情報は情報を入手しました!

さっそく、どんな内容だったのかお届けしていきます!

 

虎杖の油断!恐怖を呪力へ

脹相は自分の右手を服で隠し、「血星磊けっせいせき」を虎杖へ放ちました。

肝臓に血の塊を撃ち込まれた虎杖の頭には、一瞬で死がよぎります。

もう飛び道具はないと、完全に油断してしまった虎杖。

焦りながらも状況を掴むための必死さを見せ、壊れてはいけないところが壊されたことを理解します。

敗北の二文字が虎杖の頭によぎりますが、すぐさま気持ちと体制を切り替え、恐怖を呪力に変えて雑念を振り払います。

 

虎杖の役割

虎杖は負傷したことで、自分の役割を悟りました。

渋谷では、伏黒や釘崎にナナミンと先輩たちみんなが戦っています。

五条先生を助けるのは、虎杖でなくてもいいのです。

虎杖は、みんなを五条先生へと繋げるために、たとえ死んだとしても脹相を戦闘不能にする決意を固めます。

虎杖は、みんなの架け橋になるつもりなんですね。

そんな虎杖は口から血を吐き出しますが、一方の脹相もかなり負傷していました。

 

虎杖の危険値

激しく乱闘した際、脹相は虎杖の打撃を3発くらっていました。

たったの3発で、脹相は痛みを伴うダメージを負っています。

虎杖の急所はつけたものの、血星磊は硬度だけで穿血のような速度も威力もありません。

不意打ちでなければ、ダメージを与えるに弱い攻撃です。

さらに赤血操術は通常、血を凝固させず「血刀けつじん」のように輪郭を定めて高速で血液を回すことで殺傷力を高めます。

術師であってもすべての血管を意識することは難しく、血液凝固をさせると突発的な血栓症リスクを抱えることになります。

それでも血星磊を放ったのは、血栓症リスクよりも虎杖のリスクが高いと判断したためです。

脹相は自分の手を血液でまとい、虎杖を迎え撃つ構えをとります。

 

虎杖の不意打ち

脹相からの合図で、激しい肉弾戦がはじまります。

素早く繰り出される脹相の攻撃を、冷静に読みかわしていく虎杖。

トイレの個室に駆け込み扉を閉めて、隠れたのかと脹相の油断を誘ったところで、扉ごと蹴りやぶって攻撃を仕掛けます。

脹相は攻撃を受け止めますが、虎杖は諦めません。

そのまま足で脹相を挟み込んで、床に落とし、体勢を崩させることに成功します。

 

一枚うわ手の脹相

脹相が大勢を崩したチャンスを逃さないよう、勢いをつけてパンチを繰り出そうとした虎杖。

しかし初手以降、左の拳を使っていないことから、脹相はもう使えなくなっていると判断しているのではないかと考えます。

そして右からのパンチを寸止めさせて囮にし、左から強くパンチを入れ込むことにしました。

確実に攻撃が入ると読んでいた虎杖ですが、実際に拳を繰り出してみると固い音が鳴り響き、全く手ごたえがありません。

その一瞬の油断をついて、さらに脹相から深い一撃をくらってしまいます。

そしてもう一発強烈な打撃を腹部に受けた虎杖は、身体が吹っ飛び、壁に激突して意識を失ってしまいました。

 

脹相の脳内に流れる存在しない記憶

脹相は腹部をしっかり、血でコーティングしていたため、虎杖の渾身の一撃が決まらなかったと分かります。

残念だったなと、つげる脹相。

虎杖は白目をむいているので、まったく反応がありませんが、息だけはまだしっかりとあります。

脹相は完全に虎杖の息の根を止めるために近づき、あの世で弟達にわびろと告げてとどめを刺そうと見下します。

その瞬間、脹相の脳内には、存在しない記憶があふれ出すのでした!

ここで呪術廻戦105話は、幕を閉じています。

 

スポンサーリンク

呪術廻戦105話ネタバレ最新話考察予想

前回はミニメカ丸の見事な煽りで、ブチギレ脹相を上手く策にハメることができました!

脹相の赤血操術を封じることに成功したかと思いましたが、やはり格上の相手!

ほんの一瞬の隙をついて、虎杖は肝臓を貫かれてしまいましたね…。

どう考えても致命傷のように思えるのですが、虎杖はこの窮地をどう乗り越えるのでしょうか?

ミニメカ丸は脹相に破壊されてしまいましたが、完全に動かなくなってしまったのか気になります。

次で、じっくり考察してみましょう!(^▽^)/

>>前回104話のネタバレはこちら

 

虎杖は脹相に殺される?

前回の戦いで、肝臓を貫かれてしまった虎杖。

これまでの容赦ないバトル描写からして、一瞬の隙で脹相からめった刺しにされてもおかしくありませんよね(;^_^A

過去に禪院甚爾VS五条悟(9巻72話)では、呪具でめった刺しからの額ブスリでしたし…。

復讐を心に誓っている脹相なら、徹底的にやりそうです。

穿血のめった刺しは水浸しの環境から難しそうですが、フルボッコくらいはありえそう…。

そうなると虎杖は、2回目の死になりますね…。(2巻8話)

 

宿儺が脹相を瞬殺?

脹相が虎杖を徹底的に追い詰めると考えるのが自然に思えますが、虎杖に死が迫れば宿儺が出てくるような気がしますよね。

もしも宿儺が登場すれば、実力的に言って脹相が瞬殺されるのは間違いないと考えます。

個人的にも宿儺が出てくることに期待したいとは思っているのですが、キャラクターを知っていると虎杖に死が迫ったからといって顔色は変えなさそうです!

実際に単行本1巻7話で宿儺は、虎杖の中の存在が終わっても切り分けた魂があるから平気だと言って協力心ゼロでしたし…(;^_^A

さらに宿儺と結んだ契約により、虎杖が支配している身体であっても縛りを断ることができるようになっています。(4巻27話)

虎杖の意思による強制チェンジができないとなると、宿儺が「契闊けいかつ」と唱えなくてはなりません。

宿儺の性格からいって、虎杖が死にかけたくらいではチェンジしそうにありません…。

とはいえ宿儺の登場は多くの読者が期待しているところだと思うので、芥見先生がド直球に描いてくるのか注目ですね!

斜め上の展開を期待するとすれば、虎杖が覚醒すると言ったところでしょうか(笑)

 

虎杖が覚醒して形勢逆転?

これは大穴狙いですが、虎杖が急に覚醒するパターンです!

呪術師の実力は生まれながらに決まっているものなので、虎杖は主人公でありながら才能はありません。

しかし宿儺を取り込んだことによって、虎杖の身体には宿儺の術式が刻まれることが分かっています。(2巻12話)

これはもう「NARUTO -ナルト-」的な展開ですが、ピンチを経験した主人公が眠れる力を発揮するジャンプ王道を描いてくるかもしれませんね!

正直言って呪術廻戦は、これまでヒットしてきたジャンプ作品のいいところを寄せ集めた感が否めません。

五条悟も「NARUTO -ナルト-」のカカシ先生とキャラ被りしてるところありますし(見た目)、絵のタッチは「HUNTER×HUNTER」ちっく。

ここらで一気にジャンプの王道ストーリーを盛り込んできても、自然に受け入れられると思います!

読者もなんだかんだ言いながら、ジャンプらしい王道展開は好きな人が多いと思いますし、虎杖のステップアップを描くには、ちょうど良いのではないでしょうか?

展開的にいつまでも弱い主人公でいるわけにはいかないと思うので、多少ゴリ押し感があっても虎杖が覚醒してくれるとテンション上がります!(笑)

とはいえ虎杖の体内にいるのは、ジャンプでは珍しく非協力的すぎるキャラクターですからね~…(;^_^A

ナルトの九尾も厄介でしたが、宿儺ほどではない気がします…(笑)

ふっつーに虎杖の顔を真っ二つにしてましたもんね、体内で。

伏黒愛で虎杖に協力~…とか…呪力を分け与える~…とかないかなあ…(困った時の伏黒頼みw)

 

七海の合流はある?

呪術廻戦の時間軸では、地下5階を目指している七海。

虎杖が窮地に陥ったタイミングで、合流してくれるかもしれませんよね!

七海が助けに来てくれれば、致命傷を負った虎杖でも脹相を相手にいい勝負をしていけるのではないでしょうか?

虎杖VS脹相は、どんな経過を辿っても最終的には虎杖が勝利すると予想しています。

とはいえ傷を負ったまま反転術式が使えないと、渋谷事変の終結まで持たない気がします(;^ω^)

七海が合流して傷を負った虎杖を見て、また曇るのも悪くない気はしますが…(笑)

できれば七海には、負傷した虎杖の姿を見せないであげて欲しいなと思っています。

個人的には宿儺の登場か、虎杖覚醒に期待したいところです。

 

ミニメカ丸のやることとは?

脹相に破壊されてしまったミニメカ丸ですが、やられる直前に思考シーンが描かれていましたね。

完全に壊れてしまったのか気になるところですが、あれだけ破壊されているのでまず動かないと考えます。

とはいえミニメカ丸は、やることがあるから省エネモードだったと語っていましたよね!

虎杖の傍にいたミニメカ丸は破壊されましたが、最後の一つはまだ登場していません。

どこかに潜んでいると思うので、タイミングを見計らって再登場しそうです。

次にミニメカ丸が登場するときこそ、”やること”の内容が分かるのではないでしょうか。

個人的には、五条悟の封印解除に大きく貢献するのではないかと考えています!

メカ丸の綺麗な引き際を描くには、ふさわしい役だと思います!

 

スポンサーリンク

呪術廻戦105話ネタバレ最新話に対する読者の声は?

ここからは、呪術廻戦105話ネタバレ最新話に対する読者の声を紹介していきたいと思います!

やはり読者のみなさんも、虎杖VS脹相の戦闘シーンのかっこよさに惹かれているようですね!

脹相の兄弟を想う絆や能力の高さと強さ、そして虎杖との肉弾戦に、水浸しのシーン。

ここアニメ化したら、超~かっこいいと思います!

まだ始まってもいないアニメ放送ですが、長期シリーズ化してほしいです!

 

スポンサーリンク

呪術廻戦105話ネタバレ最新確定まとめ

今回は、呪術廻戦105話のネタバレ最新確定情報を、考察予想とともに紹介しました!

虎杖が負傷してしまったことで、呪術廻戦105話では覚醒もしくは宿儺の登場が濃厚ではないかと予想しましたが、自力で何とかしている展開にビックリしました(笑)

反転術式もなく、死を覚悟して脹相へ立ち向かう展開は予想していませんでしたね~!

そして、東堂以来の「存在しない記憶」!

これには、テンションのあがった読者も多いのではないでしょうか?(笑)

一体、どんな記憶が脹相の頭に流れるのか…(笑)

またしても青春ヤンキー物語かもしれないと、ワクワクしますね!

以上、漫画「呪術廻戦」105話ネタバレ最新確定内容を考察予想と共にお届けしました!

 

▼無料で今すぐ最新刊を読む▼

>>U-NEXTで呪術廻戦が無料<<

 

いまU-NEXTでは、31日間無料登録キャンペーンを開催中!

登録後にもらえる600Pを使えば、なんと漫画「呪術廻戦」が1冊無料で読めちゃいます!

しかもアニメ見放題作品も楽しめるので、「鬼滅の刃」や「約束のネバーランド」など、人気ジャンプ作品を無料で見るチャンス!

最高のオタ活ができる絶好の機会を、ここで逃すのは超~もったいないですよ!

ぜひ、こちからから無料で利用してみてください( *´艸`)♪

いつでも解約OK!無料期間内ならタダ!

 

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

 

スポンサーリンク