呪術廻戦108話ネタバレ最新確定!伏黒登場!直毘人と七海がやられて真希ピンチ

スポンサーリンク

2020年6月1日(月)に発売予定の週刊少年ジャンプ「呪術廻戦」108話ネタバレ最新確定情報を考察予想と共にお届します!

前回は禪院直毘人の術式が、アニメーションであると判明しましたね。

ガラスに呪霊を閉じ込めていると思っていましたが、どうやらフレームのようです。

特級へ変化した呪霊は陀艮だごんという名で、水の術式を使うとも判明しましたが、なんと領域展開で直毘人をリゾート地のようなところへ飛ばしていましたね。

七海や真希の手には余る呪霊のような気もしますが、取り残されてしまった二人で窮地を乗り越えるのでしょうか?

そんな呪術廻戦108話のネタバレ最新確定情報を早速、考察予想と共にお届けしていきましょう!(^▽^)/

 

スポンサーリンク

呪術廻戦108話ネタバレ最新話確定内容を紹介!

漫画「呪術廻戦」108話のネタバレ最新確定情報を入手しました!

さっそく、内容を紹介していきたいと思います!

 

領域展開「蕩蘊平線」

陀艮の領域展開は、「蕩蘊平線たううんへいせん」。

直毘人だけが領域展開内に入っているのかと思いきや、七海や真希も一緒にリゾート地のような場所へと飛ばされていました。

そしてピラニアのような魚に襲われ、七海と真希は少し負傷してしまいます。

この魚こそ、陀艮の必中技であり、2人は攻撃を受けるまで魚の存在に気付くことができません。

しかし直毘人だけは、魚を真っ二つにしています。

 

格が違う直毘人

直毘人は「落花の情」という御三家に伝わる秘伝の対領域術を発動。

この術は、領域を展開しないため、敵には気づかれることがありません。

そして必中の術式が触れた瞬間に呪力を解放するので、カウンターで身を守ることができます。

陀艮はすぐさま三人の力量を見定め、直毘人7、七海3の力配分で戦うことを決め、術式解放「死累累湧軍しるるゆうぐん」を発動しました。

 

魚の大群に七海がやられる

陀艮のまわりに、大量の魚が現れます。

様々な種類で、サメのような大きな魚です。

すぐさま危険を察知した七海は、とにかく体をえぐられる前に叩き落せと、呪力のない真希に警告。

その瞬間、七海は魚に噛みつかれてしまいます。

一気に大量の魚が七海に襲いかかり、七海は大量の血を噴き出して魚の群れに飲み込まれてしまいました。

 

陀艮の拳が直毘人を直撃!

直毘人も「落下の情」で大量に襲いかかってくる魚の攻撃を防ぎますが、視界を完全に奪われてしまい、危機感を感じています。

その瞬間、とつぜん陀艮の拳が直毘人の眼前にあらわれ、クリティカルヒット!

直毘人の体は吹き飛ばされ、七海のように魚の攻撃をくらってしまいます。

生命の源である海から生まれた陀艮の死累累湧軍は、際限なく湧き出すことができるのです。

 

窮地に立たされる真希

そう語る陀艮の後ろでは、真希も魚の攻撃を受けています。

陀艮は真希を1番弱いと言って、蹴り飛ばしました。

真希の体は木々の中に引き飛ばされますが、すぐに立ち上がって戻ってきます。

弱いと思うなら一撃で仕留めろと、挑発する真希。

陀艮は、直毘人や七海のように大量の魚を真希にぶつけるつもりです。

窮地に堕とされた真希は、事前に伏黒と合流しておかなかったことを悔います。

 

伏黒が登場!

すると突然、領域展開「嵌合暗翳庭かんごうあんえいてい」が出現し、伏黒が現れます。

伏黒は影を伸ばして、ヌンチャクのような呪具を真希へ渡しました。

それは、特級呪具「遊雲ゆううん」です。

真希はこの呪具で起死回生を、はかれるのでしょうか?!

というところで、呪術廻戦108話は幕を閉じました。

スポンサーリンク

呪術廻戦108話ネタバレ最新話考察予想

前回、陀艮の領域展開にハマってしまった直毘人。

戦っていた3人のうち、直毘人だけが陀艮と渡り合えていたように思いますが、果たして残された七海と真希で陀艮に勝てるのでしょうか?

領域展開の対処法はいくつかありますが、経験値の高い直毘人のことです。

もしかしたら、自力で突破するかもしれませんね。

そんな気になる呪術廻戦108話について、次で詳しく考察してみたいと思います(^▽^)/

>>前回107話のネタバレはこちら

 

七海が陀艮の領域展開のカラクリを見破る?

3人の中で、最も頭のキレるキャラクターが七海です。

数回の攻撃で、陀艮のHPが果てしない感じだと感覚を掴んでいました。

陀艮はまだ特級になったばかりなので、領域展開に穴があっても不思議ではないと考えます。

もしかすると、直毘人を助け出す妙案を思いつくかもしれません。

 

七海と真希が2人で陀艮を倒す?

七海と真希の攻撃は、これまで陀艮に全く効いていません。

とくに真希は、直毘人の攻撃がなければ死んでいたかもしれないシーンがあったので、七海よりも攻撃力が低いと考えます。

唯一、陀艮と渡り合えていた直毘人が領域内に入ってしまったので、七海と真希にとってはかなり苦しい状況です。

2人で協力プレーを決め込めば、直毘人を助け出すことができるかもしれませんが、単純なパワーでは及ばないと予想します。

 

禪院直毘人が領域展開する?

領域展開への対処法は、3つあります。

  • 呪術で受ける
  • 領域外に逃げる
  • 領域展開をする

陀艮の場合、海をつかさどるだけあって、津波のようなものを必中攻撃にしているかもしれません。

五条悟なら呪術で受けることができるかもしれませんが、一級術師が呪術で受けるのは難しいと考えます。

また領域外に逃げるには、七海や真希の助けが必要になるでしょう。

とはいえ七海と真希の2人で、陀艮を倒すのは少しハードルが高いと感じます。

となれば、直毘人が陀艮よりも洗礼された領域展開をして、年配者としての格の違いを見せつけてくれるかもしれません。

直毘人が特別一級術師の位を持っているのは、領域展開ができるからだとすれば納得です。

個人的にも直毘人が領域展開をするところが見てみたいので、期待しています。

 

スポンサーリンク

呪術廻戦108話ネタバレ最新話に対する読者の声は?

ここからは、呪術廻戦108話ネタバレ最新話に対する読者の声を紹介していきたいと思います!

みなさん、直毘人の領域展開を期待しているようですね!

やはり直毘人だけ特別一級術師の位をもっているので、領域展開できるのではないかと期待してしまいます!

前回の直毘人と陀艮のかみ合わない会話も面白かったので、最期まで会話がかみ合うことなく終わってくれても面白いと思います。

直毘人がどんな行動に出るのか、とても楽しみですね!

 

スポンサーリンク

呪術廻戦108話ネタバレ最新確定まとめ

今回は、呪術廻戦108話のネタバレ最新確定情報を、考察予想とともに紹介しました!

呪術廻戦108話では、直毘人が陀艮の必中攻撃をくらいそうな感じですね!

直毘人も領域展開をすると予想しましたが、どのように展開していくのか楽しみです!

以上、漫画「呪術廻戦」108話ネタバレ最新確定内容を考察予想と共にお届けしました!

 

▼無料で今すぐ最新刊を読む▼

>>U-NEXTで呪術廻戦が無料<<

 

いまU-NEXTでは、31日間無料登録キャンペーンを開催中!

登録後にもらえる600Pを使えば、なんと漫画「呪術廻戦」が1冊無料で読めちゃいます!

しかもアニメ見放題作品も楽しめるので、「鬼滅の刃」や「約束のネバーランド」など、人気ジャンプ作品を無料で見るチャンス!

最高のオタ活ができる絶好の機会を、ここで逃すのは超~もったいないですよ!

ぜひ、こちからから無料で利用してみてください( *´艸`)♪

いつでも解約OK!無料期間内ならタダ!

 

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

 

スポンサーリンク