呪術廻戦98話ネタバレ最新確定!禅院甚爾復活!親子対決ならずで冥々の圧勝

スポンサーリンク

2020年3月9日(月)に発売の週刊少年ジャンプ「呪術廻戦」98話ネタバレ最新確定情報を入手しました!

前話では、虎杖&伏黒がようやくダルマ呪詛師を倒しましたね!

猪野は完全に顔面が潰れているとしか思えないのですが…もしかして死ぬのでしょうか?

禅院甚爾の登場で、ただ事ではない展開になってきましたが、伏黒は父との親子バトルに突入するのか気になりますね!

98話は、どんな展開をみせるのでしょう?

さっそく、呪術廻戦98話のネタバレ最新確定情報を考察予想とともに紹介していきたいと思います。

※ネタバレ記事は後半です。

 

呪術廻戦98話ネタバレ考察予想

前回は、伏黒がダルマ呪詛師こと粟坂の術式を見事に見破り、虎杖との連携プレイで勝利しました!

オガミ婆が孫に降ろした禅院甚爾と猪野のバトルが少し描かれていましたが、フルボッコにされていましたね…(-_-;)

猪野の生死が気になります…。

そこで少し、漫画「呪術廻戦」98話の展開を考察してみたいと思います。

>>前回97話のネタバレはこちら

 

猪野に死亡フラグ?禅院甚爾にフルボッコにされて生死が気になる!

なによりも気になるのは、猪野の生死ではないでしょうか?

禅院甚爾の強さを完全再現しているかどうかまでは定かではありませんが、強いことは確かです。

猪野は、顔面フルボッコにされていました…。

あの状態では、たとえ生きていたとしても顔面は確実につぶれていますよね…(-_-;)

瀕死の状態であることは、間違いないと思います!

 

伏黒と禅院甚爾が再会する?

これまで禅院甚爾が登場した時点で、伏黒との親子バトルがあると予想してきました。

98話では、ついに伏黒が禅院甚爾と再会するのではないかと考えます!

ダルマ呪詛師も倒したことなので、伏黒の術で空から再びビルの屋上へ戻るのかもしれません。

ストーリーをより盛り上げるために、猪野を地面に投げつけて、禅院甚爾が地上へ降り立ち、伏黒の目の前に現れる展開になったら胸アツですよね!

猪野には申し訳ないですが、呪術廻戦はエグイ展開を見せることが多いので、十分ありえるのではないでしょうか。ガク((( ;゚Д゚)))ブル

 

伏黒父と親子バトルがついに始まる?

98話では、伏黒と禅院甚爾の再会が描かれると思いますが、親子バトルはまだ先の展開へ引っ張るかもしれませんね!

99話またはキリの良く100話まで先送りにして、まずは再会シーンを丁寧に描くのではないかと考えます。

禅院甚爾は子供がいることを記憶していると思いますが、伏黒が幼い頃なので顔を認識できるか分からないですよね…。

大人で容姿がさほど変わっていないだろう禅院甚爾の姿から、伏黒が初見で認識するのが自然な流れではないでしょうか?

伏黒は父親が死んだことを知らないので(コミック2巻参照)、死んでいることを知ってショックを受けるかもしれません!

禅院甚爾と伏黒の関係性は、かなり気になるところで読者の関心も高いと思うので、描かれる可能性は非常に高いです!

タイミングとしては、バトルの途中で回想に入ることも考えられますが、親子バトルが始まる前に回想を入れて、読者に感情移入させながら戦闘シーンをより盛り上げるのではないかと予想します!

 

オガミ婆の降霊術には制約がある?長時間の降霊は高リスク?

最強の術師殺しである禅院甚爾を降霊させたオガミ婆ですが、術式に制約はないのでしょうか?

呪術廻戦では、強い制限を課すほど能力が強くなることが分かっていますよね。

伏黒の術式も、2体までしか同時に出せません。

オガミ婆の術式にも、なんらかの制約があると考えます!

では、どんな制約でしょうか?

  • 死体が必ず必要
  • 降霊する対象によって拝む時間が変わる
  • 降霊する対象が協力である程、負担が大きい。

まずオガミ婆の降霊術に欠かせないのは、死体です!

呪術廻戦96話でオガミ婆は、降霊に死体が必要である旨を明かしています。

どんな経緯で禅院甚爾の死体を入手したのかは分かりませんが、呪術廻戦0巻で五条にボコボコにされていた亡骸です。

入手するのは、難しかったのではないでしょうか。

さらに降霊するまでの間、孫に守られながら拝む時間がありました。

かなり無防備な状態で長く拝んでいましたが、禅院甚爾という強力な相手を降霊させるためにそれなりの時間が必要だったのではないかと考えます。

敵前であれだけ無防備な姿をさらすのは、かなりリスクが高いですよね。

さらに自身ではなく孫に禅院甚爾を降霊させたことから、オガミ婆自身は降霊できないほどの負担が課せられるのではないかと考えます。

孫の潜在能力がどれだけあるかはまだ明らかになっていませんが、長時間降霊することで何らかのリスクはあると考えるのが妥当ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

呪術廻戦98話ネタバレ最新話に寄せる読者の声を紹介!

ここからは、呪術廻戦98話ネタバレ最新話に対する読者の声を紹介していきたいと思います!

やはりみなさん、イノタクこと猪野の生死を気にしているみたいですね!

私も本誌を読んでいて、イノタクーーー!しか叫べなかったので、読者の皆様の気持ちに激しく共感しました!

98話で猪野の状況が、少しでもわかることを願います!

 

スポンサーリンク

呪術廻戦98話ネタバレ最新確定

呪術廻戦98話ネタバレ最新確定情報を入手しました!

さっそく、紹介していきましょう!

 

帳が消えて猪野が落下!

ダルマ呪詛師を倒して、2本の杭を破壊した虎杖と伏黒。

術師を入れない帳だけが上がったことに疑問を感じる虎杖。

猪野が壊した杭と併せると3本なので、すべて使って術師を入れない帳をはっていたか、2つはダミーだったことが分かります。

とはいえこれで、術師は渋谷を自由に行動できるようになりました。

ダルマ呪詛師に聞きたいことは囲炉裏ロアルも、気を失って目を覚まさないため、虎杖と伏黒は猪野と合流しようとします。

すると突然、ビルの屋上から猪野が落ちてきました。

十種影法術「鵺」で、猪野が落下する衝撃を吸収する伏黒。

猪野を抱きかかえた虎杖は、その姿を見て悲痛な表情を浮かべます。

 

禅院甚爾が復活!孫の身体を乗っとる

帳が消されてどうするか尋ねる孫ですが、なんだか様子がおかしいです。

その様子に気吹いていないオガミ婆、は五条がいない今のうちに、下に降りて術師を殺してくるよう命じました。

その瞬間、誰に向かって命令しているのかと凄む禅院甚爾。

完全に孫の身体を、乗っ取っています。

不死くの事態を未然に防ぐために、魂の情報は降ろさないと決めているオガミ婆。

肉体の情報のみ降霊させたはずですが、予想外の出来事に焦りを見せます。

”降ろす”というオガミ婆の言葉で、全てを理解した禅院甚爾。

自分の肉体は特別だから、孫の魂が負けてしまっただろうと語ります。

そしてオガミ婆が術師であることに気付いた禅院甚爾は、そのまま拳を構えて殺害するのでした。

 

伏黒父との親子対決はひとまず見送り

猪野が死んでいないことを確認した虎杖は、復讐するためにビルの屋上へ向かおうとします。

伏黒は、今自分たちがするべきことを優先させろと、すぐさま反対。

虎杖の気持ちは分かるが、帳が消えたいま、ビルの上にいるた連中は逃げた後かもしれないと虎杖を説得します。

猪野を連れて、いったん外へ出ようと提案する伏黒。

虎杖は、猪野を伏黒にまかせて、先に駅へ行くことにするのでした。

この状況で渋谷への単独行動は危険が高いですが、今はそれが最善だと判断した伏黒。

心配した様子を見せますが、虎杖はメカ丸もついているから心配するなと声をかけます。

とはいったものの、じつはもうずっとメカ丸からの反応はありませんでした。

そのことは、心に留め置く虎杖。

”後でな”と、再会すると約束をして別れます。

その頃七海は、東京メトロ渋谷駅の帳外に出て、補助監督の伊地知が歩道橋の上で倒れているのを発見していました。

 

冥々は術師に圧勝

虎杖と分かれてから、明治神宮前の線路上で呪霊、呪詛師と戦う冥冥と憂憂。

すでに、圧倒的な力を見せつけていました。

憂憂は、倒れる呪霊の上に座って、冥々の戦いを眺めています。

烏を操る術式しか使えない冥冥ですが、若い頃に術式なしでも戦えるほど体を鍛えていたのでした。

敵わないと分かって、冥々に命乞いをする呪詛師。

冥冥にとって命の価値は、どれだけ利用価値があるかで判断していると持論を持ち出します。

結局、呪詛師はそれに応えることができず、冥冥に殺されてしまいました。

冥冥たちも、帳があがったことに気付きます。

五条悟に歌詞を作った冥冥は、一体いくらになるのか考えただけで、胸を躍らせて興奮するのでした。

 

釘崎VS伊地知を倒した呪詛師

その頃の偽物夏油は、予想より展開が早いと感心しています。

帳外に位置する松濤文化村ストリートでは、釘崎と新田も敵と遭遇していました。

相手は、伊地知を殺した呪詛師です。

スーツの女の子に遭えたと喜ぶ呪詛師。

男相手ばかりで、飽き飽きしていたと語ります。

新田に隠れるよう指示し、すぐに終わらせると自信を見せた釘崎でした。

 

スポンサーリンク

呪術廻戦98話ネタバレ最新確定まとめ

今回は、呪術廻戦98話のネタバレ最新確定情報を考察予想と共に紹介しました!

前話で猪野の死亡フラグが立っていましたが、やはり瀕死でしたね!

禅院甚爾と伏黒の対決を期待していましたが、ここで親子の再会はがなかったのは残念です。

とはいえ何よりも衝撃だったのは、降霊したことで孫の身体を禅院甚爾が乗っ取り復活したこと!

これは私も、予想外でした!

猪野がビルから降ってくるのは、ちょっと考えていたので、実現して胸アツ!

禅院甚爾の行動が、次にどう出るか分かりませんが、これはかなり期待できます!

倒れる伊地知の傍で、たたずんでいた七海ですが、猪野までも重症になっていると知った時のメンタルが気になりますね…(´;ω;`)

次回は釘崎のバトルが描かれると思いますが、早い段階でみんな五条悟の救出に迎えるのではないでしょうか。

次の展開が、とっても待ち遠しいです!(*^^*)

スポンサーリンク