呪術廻戦93話ネタバレ最新確定!虎杖が七海と合流で美々子と菜々子が裏切る?

スポンサーリンク

2019年2月3日(月)発売の週刊少年ジャンプ「呪術廻戦」93話ネタバレ最新確定情報をお届けします。

前話では、虎杖が大声を出して七海を呼びかけ、五条封印を伝えましたね。

伊地知が交流戦のときに登場した呪詛師(通称:握力弱男)に刺されてしまいましたが、無事なのでしょうか?

3人の特級呪霊が虎杖を狙いだしているのも、気がかりです!

最強術師の五条悟を封印したことで、獄門彊がしばらく動かせなくなってしまった偽物夏油ですが、93話では美々子と菜々子が裏切る?!

呪霊側にも、不穏な空気が漂ってきました!

そんな気になる「呪術廻戦」93話のネタバレ最新確定情報を、さっそく考察感想予想とともに紹介していきたいと思います!

 

呪術廻戦93話ネタバレ最新確定!

呪術廻戦93話「渋谷事変⑪」ネタバレ最新確定情報を入手しました!

さっそく、内容を紹介していきましょう(^▽^)/

 

漏瑚と真人の見解違い

宿儺がいなくても大丈夫だから、虎杖は殺してしまおうと本気で語る真人。

確かに宿儺は呪霊の味方ではないので、復活するリスクは大きいかもしれません。

しかし宿儺が復活すれば、確実に呪霊の時代が来るのは確かです。

そのためなら死を恐れず、目的のために裏表のない進む道を選ぶ漏瑚。

偽物にはない呪いの真髄が、そこにあるのだと持論を語ります。

ところが真人は、軸がブレて一貫性がなくとも、欲求に偽りなく行動するのが呪いだと見解を持っていました。

表裏がない道に変わりはありませんが、2人の主とするところは全く違います。

自己を優先する真人、和を優先する漏瑚。

本物の”人間”を語っていた、漏瑚らしい考えですよね(コミック2巻参照)。

>>呪術廻戦2巻をタダ読みする

 

真人・漏瑚・脹相が早い者勝ちで虎杖を狙う

しかめっ面をする漏瑚ですが、真人は争いたいわけではありません。

そこで虎杖をどうするかは、先に遭遇した奴が選択できるゲームを始めることにしました。

真人や脹相が先に出会えば虎杖を殺すし、漏瑚が出会えば宿儺に指を差し出すことになります。

要するに、早いもの勝ちという訳です。

夏油の考えは漏瑚派ですが、宿儺は万が一、獄門彊が上手くいかなかったときのための保険に過ぎないため、好きにしていいと許可します。

夏油自身は獄門彊を動かせないため、ゲームには参加しません。

漏瑚は獄門彊はのそばで待っていれば、どうせ虎杖を含む術師たちが全員やってくるのだから、ゲームにならないと意見しますが、真人たちは聞く耳持たず。

よーいどん、の号令で真人と脹相は一気に外へ駆け出していきました。

その様子を眺めていた漏瑚は、やっぱり自分も行く気になって後を追いかけます。

ほんと漏瑚は、癒し系ですね(笑)

反応が、可愛いです( *´艸`)

 

美々子と菜々子が呪霊側を裏切る?

特級呪霊の3人がいなくなると、美々子と菜々子が現れます。

偽物夏油に協力して、猿どもを落とし続けた美々子と菜々子。

すべては、夏油の身体を返してもらうための行動だったのです。

夏油の身体が弄ばれていることに怒りを顕わにしますが、偽物夏油は笑顔で2人をバカにします。

身体を返す気なんて、さらさらない偽物夏油。

美々子と菜々子の頭を空っぽ呼ばわりして、術師と約束するときは”縛り”を明確にするべきだと詰めの甘さを叩きつけます。

後悔するぞと、恨めしそうなセリフを吐く美々子と菜々子。

後悔の味は忘れている偽物夏油は、余裕の表情です。

これは完全に、美々子と菜々子の裏切りフラグですよね?!

偽物夏油は気にも留めていない様子ですが、何やら呪霊側にも不穏な空気が流れそうな予感がします!

というか夏油の身体を弄んでいる奴の正体…気になりますね!

美々子と菜々子に、ボッコボコにされればいいのにっ!←

 

虎杖が七海班と合流!ミニメカ丸が状況報告

そのころ、虎杖はまだビルの上で七海の名前を叫び続けています。

連続ナナミン呼びを大声で発していると、後ろから伏黒に叩かれます。

猪野と初めて出会った虎杖は、さっそく誰呼ばわりで失礼です(笑)

さっそくミニメカ丸は、七海に偽物夏油の存在を打ち明けました。

渋谷駅が伏魔殿のようになっていることを伝え、地下鉄の隣駅から攻める作戦に七海も賛成してくれました。

しかしその作戦を実行へ移すには、術師を入れない帳を何とかしなくてはなりません。

そこで、ここでもまた二手に分かれることになりました。

 

五条悟の救出作戦開始!先輩風をふかす猪野が語る問題点とは

七海は1級でしか通らない要請があるため伊地知と合流することにし、猪野・虎杖・伏黒は術師を入れない帳を解くことになります。

日下部班や禪院班も帳の中にいるはずなので、合流できたら協力を仰ぐよう指示する七海。

後輩二人を猪野に頼んで、七海は去っていきました。

七海に頼りにされたことで、感極まる猪野。

先輩風をふかせて、さっそく五条がいなくなると困る2つの問題点を語ります。

1つ目は、五条家の失墜です。

五条家は、五条悟のワンマンで成り立っていました。

それが崩れるということは、五条のワガママで救われていた術師が路頭に迷うことになります。

宿儺を取り込んだ虎杖も死を延長しているので、五条に救われている者のひとりです。

2つ目は、パワーバランスの崩壊になります。

五条悟を恐れておとなしくしていた呪霊や呪詛師が、この機会で一斉に動き出すことが考えられます。

1つ目で内輪がゴタついているときに、2つ目の奴らと戦争が起これば、人間の時代が終焉を迎えてしまうかもしれません。

そうならないためには、なんとしても帳を破壊し、五条を助け出さなくてはなりません。

 

五条封印で現れた呪詛師!天秤は呪いへ傾く

猪野と虎杖や伏黒が意気込んでいるころ、五条封印により新たに呪詛師が現れました。

オガミ婆と呼ばれた老婆は、虎杖が大声で五条悟が封印されたと語っていたのを耳にしています。

粟坂と呼ばれるダルマ顔の男は、敵方に情報が漏れたことで五条悟の封印をより実感したと余裕顔。

そのそばには、3本の杭が刺さっています。

国の歩む展開を気に掛ける粟坂に対し、呪い呪われ死ぬだけだと達観した様子を見せるオガミ婆。

その後ろには、細い男がひとり立っています。

どうやら虎杖たちは帳を上げるために、3人の呪詛師と対決しそうです。

 

スポンサーリンク

呪術廻戦93話ネタバレ考察感想予想!

呪術廻戦93話は、特級呪霊たちが楽しそうにゲームを始める様子から始まりました。

はたして虎杖と最初に出会うのは、誰なのでしょうか…。

誰と出会っても、胸アツな展開になりそうですね!

漏瑚は結構好きなので、死んでほしくないなって思っている私がいます。

和気あいあいと楽しそうにしていた特級呪霊たちでしたが、美々子と菜々子の裏切りフラグが立って、知らぬところで不穏な空気が出始めています!

美々子と菜々子は、夏油を崇拝していたので、どんな手をつかっても偽物夏油を排除しそうです。

偽物夏油は余裕の表情を見せていましたが、テンパる顔が見てみたくなります。

伊地知の安否が気になっていましたが、今回の93話で七海が合流すると語っていたので、何とかなる気がしますね!

五条悟が封印されたことによる弊害は2つありましたが、さっそくその1つと思われる呪詛師が登場しました。

次回は猪野・虎杖・伏黒が、3人の呪詛師とぶつかるのではないでしょうか。

伏線がかなり多く登場していますが、まだまだ増えそうですね!

今後の展開に、注目です!

  

スポンサーリンク

呪術廻戦93話を読んだ人の声を紹介!

ここからは、呪術廻戦93話を読んだ人の声を紹介していきましょう!

美々子と菜々子が偽物夏油の入れ替わりに気付いていたのは、読者の中でも大きく話題になっていました。

私も入れ替わりに気付かず従っていると思っていたので、この裏切りフラグには驚きました!

ぜひ術師側について、厚生してもらいたいです!

さらに五条と夏油が過去に助けた人間が今、2人を救おうとしているなんて、ダブルで胸アツ展開ですよね~!

次の連載が、待ちきれませんヾ(:3ノシヾ)ノシ

 

スポンサーリンク

呪術廻戦93話ネタバレ最新確定まとめ

今回は、「呪術廻戦」93話のネタバレ最新確定情報を、考察感想予想とともに紹介してみました。

虎杖をめぐって特級呪霊たちがゲームを始める一方、美々子と菜々子は偽物夏油へ怒りモード全開です。

後悔することになると恨めしい言葉を残していましたが、今後の2人の動きから目が離せなさそうです!

七海班と合流した虎杖ですが、ここでもまた二手に分かれることになりましたね!

伊地知は倒れていますが、七海が握力弱男と対戦するのでしょうか?

猪野・虎杖・伏黒は新たに登場した3人の呪詛師と戦うことになりそうですね!

次回で、3人の呪詛師と遭遇するのでしょうか?

今後の展開から、ますます目が離せませんね!

スポンサーリンク