魔法科高校の劣等生【師族会議編】14話ネタバレ最新話確定!顧傑の目的は四葉家への復讐

2021年3月18日(木)に発売のGファンタジー「魔法科高校の劣等生【師族会議編】」14話ネタバレ最新確定情報をお届します!

前回は、爆破テロから十師族が無事脱出したところで終わっていましたね。

それぞれの当主の圧倒的な強さを垣間見ながらも、救えなかった一般人を思うとやりきれません。

反魔法師団体の巧妙なこの罠はまんまと嵌まってしまうのでしょうか?

そんな魔法科高校の劣等生【師族会議編】14話のネタバレ最新確定情報を、さっそくお届けしていきましょう!(^▽^)/

▼0円で漫画を読むならU-NEXT▼

>>アニメ見放題+漫画1冊無料<<

もくじ

魔法科高校の劣等生【師族会議編】14話ネタバレ最新話確定内容を紹介!

漫画「魔法科高校の劣等生【師族会議編】」14話のネタバレ最新確定情報が手に入りましたので、早速お届けしたいと思います!

爆破テロの現場に達也が到着

達也は、深雪や水波、他にも七草双子や七宝を連れてテロ現場へと到着します。

そこは酷い有様でした。怪我人は増える一方で、消防や救急、警察も入り乱れての大混乱を極めています。

横浜事変に負けず劣らずの惨状で、ビルからは未だに爆発音が……

それに対し、居ても立っても居られなかった深雪が飛び出します。

しかしそれを止めたのは達也で、消火活動は消防隊の人に任せようと告げるのでした。

警察と七草泉美の口論

一方で、十師族の当主たちは警察からの聴取にあっていました。

それに割って入り、警察に噛み付いたのは七草双子です。

特に泉美は激高し、父は被害者だと声高に叫びます。

それを見た達也は呆れ顔でした。

特に父親である七草弘一が娘を叱らないところを疑問視しながらも、達也は泉美の肩を叩いて止めるよう声を掛けます。

それに対し、泉美は更に声を張り上げます。

達也の手を振り解いた泉美でしたが、それを逆に利用した達也は彼女の身体をふわりと引き寄せます。

達也は泉美に頭を冷やすよう言いました。

警察の方々は職務を遂行しているだけだと、泉美の代わりに達也が警官達に頭を下げたのです。

達也にとっての四葉真夜の重要性

達也にとって重要なのは、叔母である四葉真夜の安否だけでした。

深雪が四葉家の次期当主と明かされ、自分たちの匿名性はもう意味を成しません。

それでいながら自分たちの足場は固まっておらず、味方だと言い切れる存在はFLT開発第三課のみ。

八雲や風間は、いざとなれは不干渉を貫くだろうと達也は読んでいました。

四葉真夜は世界最強の魔法師の一人と言われている人物です。

魔法戦闘で彼女に勝てる者はほとんどいません。

達也であっても彼女を下すのは容易ではなく、それほどの実力者。

しかしそれはあくまで魔法戦闘のみにおける強さです。

四葉真夜の肉体は人が持ち得る程度の強度しかなく、切られれば傷つくし撃たれれば血を流します。

そのため達也は、いざとなれば「再成」を使う覚悟でこの現場へ来ていました。

今、真夜にいなくなられて困るのは達也の方です。

しかし今は無事でいる彼女の姿を見て、ようやく肩の荷を下ろすのでした。

一条将輝の到着

テロ現場には、一条将輝も到着していました。

彼は達也の姿を視認すると駆け寄り、次いで深雪の姿を見て困ったように笑います。

将輝は達也と深雪の婚約を、実質邪魔している立場でした。

こうして面と向かうとどうしても居心地悪く感じるようで、中々言葉を出せません。

しかし深雪に父である一条剛毅が聴取を受けていると聞くと、血相を抱えて飛んでいくのでした。

十文字克人からの情報

未だ事情聴取を受ける十師族当主達の中で、唯一十文字克人が解放されます。

彼は、達也たちに状況を説明するためにわざわざ声を掛けてくれたのでした。

ひとまず、当主たちに怪我はないこと。

師族会議中の自爆テロや、使われたのが動く死体だということを十文字は達也に説明してくれました。

標的が自分たちであったかどうかすら現時点では確定していません。

十文字自身は高確率で師族会議が狙われたと考えているようですが、警察の方でも結論が出ていないようでした。

現在当主達が尋問を受けているのは、主に現場で何が起こったかです。

共謀や教唆を疑われているわけではないが、魔法師間の抗争が自爆テロを招いたのではないかと警察は疑っているようでした。

反魔法師団体の思惑

十文字克人の情報を受けて、達也は反魔法師団体が考えそうな理屈だと言います。

警察の中に『人間主義者』のような反魔法師団体がいるのでは?という深雪でしたが、達也はそれを否定しました。

もしそうならば、取り調べはもっと露骨なものになるはずだという達也に深雪はほっとした表情を見せます。

しかし達也は、むしろその方が事態としては簡単だったんだがなと呟きました。

反魔法師主義に限らず警察が思想的な汚染を受けているとしたら一大事ですが、達也は警察官の一部が反魔法主義に染まっているならその警官を処分すれば良いと言います。

こちらが手を下さずとも、情報だけを流せば警察だけが組織的に対応するからです。

今回問題なのは、刑事が思想的な偏向なしに、今回のテロは十師族にも責任があると考えていることでした。

思想的にニュートラルな刑事がそう考えるなら、市民もそう考える可能性が高いからです。

今後はマスコミの報道の仕方によって世論の動向も変わるでしょう。

『魔法師のせいで一般市民が犠牲になった』という論調が多くなるのは見えていると達也は言います。

テロを起こした責任はテロリストにありますが、テレビやネットで『市民を巻き込んだ魔法師にも責任がある』と繰り返し吹き込まれれば、そういうものかと信じ込んでしまうのは仕方のないことだと達也は考えていました。

顧 傑(グ・ジー)が暗躍か

場所は変わり、この自爆テロが上手くいったことを喜んでいる男がいました。

この男こそがジード・ヘイグ。中国名を顧 傑(グ・ジー)

十師族に誰一人かすり傷を負わせることができなかったのは予定通りだと言いました。

十師族は自分の身を守った。

自分だけを守って他人を見殺しにした。

十師族は日本人に恨まれるだろうと顧傑は笑います。

かつて自分が祖国で居場所を失ったように、四葉も同じ末路を辿るはずだと高笑いするのでした。

スポンサーリンク

魔法科高校の劣等生【師族会議編】14話ネタバレ最新話感想

今回は反魔法師団体に対する情報量が多かったですね。

魔法師と一般人には今でも大きな隔たりがあります。

それを自爆テロという卑劣な形で浮き彫りにされ、魔法師の立場は一方的に悪くなってしまいました。

今後、十師族が何かしらの手を打つとは言え、学生である一高メンバーたちにとってはもどかしいもの。

顧傑の目的も分かってきましたね!

恐らくは四葉への復讐ですが、これから達也たちが彼に対しどう動くかが気になります。

スポンサーリンク

魔法科高校の劣等生【師族会議編】14話ネタバレ最新確定まとめ

今回は、魔法科高校の劣等生【師族会議編】14話のネタバレ最新確定情報を紹介しました!

魔法科高校の劣等生【師族会議編】14話では、当主達の無事を達也たちが確認することができました。

その中でも、達也の冷静さはやはり安心感がありますね。

後輩を止めたところも先輩らしかったように思います。

これからは反魔法師団体、ひいては顧傑とのやり取りがメインになるでしょう。

今後、達也達がどうやって彼等と関わっていくかに注目が集まります!

以上、漫画「魔法科高校の劣等生【師族会議編】」14話ネタバレ最新確定内容を考察予想と共にお届けしました!

師族会議編を無料で読む方法

▼無料で今すぐ師族会議編を読む▼

>>U-NEXTで師族会議編が無料<<

漫画「魔法科高校の劣等生-師族会議編-」を無料で読みたい人へ。

いまU-NEXTでは、31日間無料登録キャンペーンを開催中!

登録後にもらえる600Pを使えば、なんと漫画「魔法科高校の劣等生-師族会議編-」が1冊無料で読めちゃいます!

▼さすおに読むならU-NEXT▼

さらにアニメ「魔法科高校の劣等生」1期~2期も全話すべて見放題で配信中!

劇場版「魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」も見放題で配信されているので、超~充実コンテンツが楽しめます!

ぜひ、この機会にお得を満喫してみて下さい( *´艸`)♪

▼さすおに見るならU-NEXT▼

もちろん他のアニメ見放題作品も楽しめるので、「黒執事」や「王室教師ハイネ」や「地縛少年花子くん」など、人気作品を無料で見るチャンス!

最高のオタ活ができる絶好の機会を、ここで逃すのは超~もったいないですよ!

ぜひ、こちからから無料で利用してみてください( *´艸`)♪

※本ページの情報は2021年3月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる