怪獣8号28話ネタバレ最新話確定!保科副隊長の駆動限界(オーバーヒート)!巨大化した人型怪獣

怪獣8号28話ネタバレ最新話考察!保科副隊長の圧倒的強さ!第3部隊の実力

2021年3月5日(金)に配信された少年ジャンプ+「怪獣8号」28話のネタバレ最新話確定情報と考察をお届けします!

前回のおさらい
  • カフカの部分変身
  • 第3部隊の実力で優勢の流れ
  • 保科副隊長VS人型怪獣
  • 八つ裂きにされた人型怪獣が再生

前回の内容を忘れてしまった人や、次回の考察が気になる人は、下記より詳細をご覧ください。

←前回今回次回→
27話28話29話

怪獣8号の最新巻コミックスは、こちらから無料で読めます!

▼0円で漫画を読むならU-NEXT▼

>>31日間の無料お試しキャンペーン実施中<<

もくじ

怪獣8号28話ネタバレ最新話確定内容を紹介!

漫画「怪獣8号」28話のネタバレ最新確定情報を入手しましたので、さっそくお届けしたいと思います!

巨大化した怪獣はフォルティチュード9.0

ボコボコと膨れ上がる怪獣を見て、何かを察したオペレーションルーム。

一方、カフカも変身していないのに察知能力が働き、副隊長の安否を心配します。

月をバックに巨大化する怪獣を前にして、保科副隊長は核の位置がズレたことで破壊しきれなかったと思い至りました。

膨らんだ部分が口裂け、超高温蒸気を吹き出します。

咄嗟にマスクで防御した保科副隊長は、演習場に引き込んで正解だったと感じます。

オペレーションルームが、放熱と共にフォルティチュードが上昇したと報告。

カブトムシの角のような頭に変形した人型怪獣のフォルティチュードは、9.0です。

保科副隊長の駆動限界(オーバーヒート)

こうなっては、副隊長1人で手に負える相手ではありません。

怪獣は雄たけびを上げながら、地面に一発拳をねじ込みました。

その拳に伸びのり、副隊長は巨大化した怪獣の腕を駆けあがります。

サイズ変化に素早く対応した保科副隊長は、3式返し討ちを連続して打ち込みますが、刃が通りきりません。

速さで押して、背後の核へ一点突破を作戦立てる保科副隊長。

しかし身体はすでに駆動限界(オーバーヒート)を迎え、首に筋が立ったのち鼻血が出てきました。

余獣の自爆でピンチをチャンスへ変える保科副隊長

オペレーションルームは、全開放してから10分すぎており、これ以上は危険だと忠告します。

保科副隊長は、もってあと1分だろうと予測しています。

そこへ余獣の翼竜が出現し、巨大化した人型怪獣が拳を握りしめます。

途端に余獣の体が膨らみ、激しく自爆。

生きたミサイルのように、血も涙もない怪獣らしい攻撃です。

とはいえすぐさま、ピンチをチャンスに変える保科副隊長。

爆煙にまぎれて6式を繰り出そうと、巨大化した人型怪獣の背後に回り込みました。

保科副隊長が倒れる!

間に合ったと沸き立つオペレーションルームでしたが、巨大化した人型怪獣の背中には、たくさんの目が出現。

背後に回り込んだのが一瞬でバレた保科副隊長は、巨大化した人型怪獣のパンチを真正面から受けます。

吹き飛ばされた保科副隊長は駆動限界全開放解除となり、うつろな目をしています。

はたして、保科副隊長に意識はあるのでしょうか?!

防衛の要のピンチが気になるところで、漫画「怪獣8号」28話は幕を閉じました。

スポンサーリンク

怪獣8号28話ネタバレ最新話考察!

前回は、第3部隊が抜群なチームプレーを発揮して余獣を次々と討伐していましたね。

非番だった小隊が合流し、防衛隊が優勢の流れになっています。

保科副隊長VS人型怪獣も白熱し、6式八重討ちが炸裂。

人型怪獣を倒したように思えましたが、締めくくりは雲行きが怪しく描かれました。

防衛隊が優勢の流れで、このまま突き抜けていけるのでしょうか?

さっそく、次はどんな展開になるのか、詳しく考察していきましょう(^▽^)/

人型怪獣の核に攻撃が当たっていなかった?

人型怪獣に渾身の6式八重討ちを決めた保科副隊長。

オペレーションルームも人型怪獣を倒したと思って沸き上がりましたが、八つ裂きにされた人型怪獣は再生を始めたように描かれていました。

保科副隊長の攻撃は、人型怪獣の核に当たらなかったのでしょうか?

核が小さいと、サイズまでしっかり捉えていた保科副隊長です。

攻撃が当たらなかった可能性は、低いと考えます。

人型怪獣の核は複数ある?

保科副隊長の攻撃が当たったのであれば、人型怪獣の核が複数あるのかもしれません。

6式八重討ちが決まったとき、人型怪獣の体には核を中心に亀裂が入っていました。

しかし八つ裂きにされて肉が落ちた様子は、ハッキリと描かれていません。

それどころか、すぐに音を立てて膨らみ、再生が始まっています。

人型怪獣については謎が多く、ここで新事実が明らかになる可能性は十分考えられるのではないでしょうか。

核が複数あるのだとすれば、保科隊長は苦戦を強いられそうです。

保科隊長が苦戦してカフカが怪獣8号へ変身する?

防衛隊が襲撃されてから、これといって大きな見どころを発揮していない状況のカフカ。

カフカは部分変身を披露しましたが、市川レノから釘を刺されています。

サポート能力が高いかカフカですが、市川レノの釘指しは、フリのように思えてなりません。

これまでも変身するなと言われながら、行き当たりばったりで行動してきたカフカ。

保科隊長が苦戦を強いられれば、黙っていられずにアッサリ変身してしまいそうです。

カフカが部分変身で人型怪獣を撃破する?

部分変身をマスターしたカフカですが、習得した様子は詳しく描かれていません。

カフカが部分変身を使いこなして、人型怪獣を撃破する伏線なのでしょうか?

相手は保科副隊長の6式八重討ちを喰らっても、再生するほど強い怪獣です。

解放戦力1%のカフカが部分変身をしただけでは、太刀打ちできないかもしれません。

保科副隊長の死亡フラグが折れない

前回と併せて、これまでの見どころが多い保科副隊長。

見せ場を出し切る勢いが、止まりません。

さらには防衛隊が優勢の流れを作るなか、人型怪獣が再生しています。

前回の考察でも保科副隊長が死亡するのではないかと考察しましたが、なかなかフラグが折れないので心配です。

保科副隊長が死亡するには早すぎると感じますが、一筋縄ではいかなさそうな人型怪獣と対峙しているため今後の展開を見守りたいと思います。

スポンサーリンク

怪獣8号28話に期待する読者の声

ここからは、怪獣8号28話ネタバレ最新話に期待する読者の声を紹介していきたいと思います!

防衛隊が優勢に傾いてカフカも流れを感じているようですが、読者の間では保科副隊長の死亡フラグを心配する声が目立ちました。

28話でも人型怪獣と保科副隊長の戦闘は続きそうなので、どうなっていくのか展開が気になりますね!

スポンサーリンク

怪獣8号28話ネタバレ最新話考察まとめ

今回は、怪獣8号28話ネタバレ最新話確定情報の考察予想をお届けしました!

怪獣8号28話では、保科副隊長が人型怪獣との戦闘に苦戦しそうです。

死亡フラグが中々折れない、保科副隊長。

次は人型怪獣の核がどうなっているのか、明かされそうですね。

以上、漫画「怪獣8号」28話ネタバレ最新話考察予想をお届けしました!

漫画「怪獣8号」を無料で読む方法

漫画「怪獣8号」を全巻無料で読みたい人へ。

なんと今なら期間限定!漫画「怪獣8号」が今すぐ全巻無料で読めちゃいます!

超~お得なこの機会を逃さず、是非ご利用ください!

怪獣8号を無料で読む手順

※2021年3月11日最新情報

ただいまコミック.jp30日間の無料お試しキャンペーンを開催中!

無料期間中に675ポイントが付与されるところ、なんと今なら1,350ポイントへUP(2021年6月1日まで)しています!

music.jp(500・1000・2000コース)に入会されている人は、キャンペーン対象外になるので注意してください。

このポイントを利用すれば、1冊501円で配信されている漫画「怪獣8号」が全巻無料!

もちろん無料期間中に解約すれば、一切お金はかかりません。

解約後でもポイントでGETした漫画はいつでも読み返せるので、ぜひご利用ください(^▽^)/

▼怪獣8号読むならコミックjp▼

>>無料で今すぐ怪獣8号を読む<<

※本ページの情報は2021年3月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

乙女ゲームプレイ数100本以上、音源所持数は万を超えていそう…(多すぎて数えられない)な夢女!特にダークファンタジージャンルが大好きで、BADエンド大好物です(^▽^)/

もくじ
閉じる